2009年12月14日

フルブライト留学と茂男の著作

茂男の作品を読む観点については、「父親の視点」、「内なる子ども」、「児童図書館員としての見識」、「心に緑の種をうえる」という計4つの観点を前稿に挙げた。

ここにさらにもうひとつの見方を加えるならば、渡辺茂男が1950年代にアメリカ留学した多くのフルブライト留学生の一人であったことがあるかもしれない。フルブライト留学は、戦後の米国の留学制度で、敗戦国である日本やドイツに、親米的な、アメリカの文化や社会に詳しい学者や官僚を育成する機能を担った。茂男は、その典型的な産物と言えるし、子どもの本を通じて、アメリカ人の姿を日本に伝えるパイプ役となった。このことは茂男の著作を理解する上での重要な観点ではないかもしれない。ただ、茂男がアメリカの本をたくさん紹介した理由は、純粋に彼の文学的志向の問題だけでなく、実は大きな歴史の一こまであり、必然だったと捉えることもできる。茂男が自分の意志でアメリカに渡ったことは間違いないが、日本が敗戦し、そのお陰で実施されたアメリカ留学制度がなかったら、茂男がアメリアの子どもの本や民話に精通することもなかっただろう。 

日本へアメリカの古典の子どもの本がたくさん輸入されたのは茂男が留学した1950年代中期以降のことだろう。茂男世代の作家や翻訳家たち、その後輩らは大量の翻訳を行った。茂男の先輩である石井桃子もアメリカに招聘されて長期滞在しているし、松岡享子、まさきるりこら、著名な子どもの本の翻訳家たちにも茂男と似た留学経験を持つ人たちがいる。日本でアメリカの子どもの本がたくさん読まれるようになったのは、フルブライト奨学金をはじめとする留学制度のおかげだけではないだろうが、その功績は無視できない。

茂男は、アメリカの文化と、それを伝えるアメリカ人というものに最初は静岡にあった米軍CIE(民間情報教育局)図書館で出会った。この時期に、各地のCIEでアメリカの文化に出会った作家や芸術家はたくさんいるだろう。茂男はCIE図書館で働いたことがきっかけで、慶応義塾で図書館学を専攻することになり、そこからアメリカに留学した。茂男は、留学中著名な図書館員、批評家たち、作家や編集者からも学んだ。その結果、茂男は、アメリカの図書館で読まれていた1920年代以降一連の「黄金時代の子どもの本」をそっくり日本に持ってこようとしたようなところがある。
 
500hats.jpg

そういう茂男は、Dr.スースに見られるようなアメリカ的ユーモアをこよなく愛し、マックロスキー作品の中の、おおらかであるが絆の固いプロテスタント的家族愛に憧れ、西部開拓的フロンティア物語(『エルマーのぼうけん』、『ウイスコンシン物語』『オズの魔法使い』など)に心を揺さぶられた。インディアンや黒人の間に伝わる民話や伝承もむさぼり読んで、紹介した。
 
ducklin.jpg

子どもの本の分野に限らず、茂男の同世代のフルブライト留学生が日本にもたらしたアメリカの文化、それに関する情報は膨大なものになるだろう。そういう意味では、茂男たちアメリカ留学組の子どもの本作家や翻訳家も、一種の開拓者であったに違いない。
posted by てったくん at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作について

2009年12月09日

渡辺茂男の著作を読む、いくつかの観点

渡辺茂男の書いた子どもの本、訳した外国のこどもの本

渡辺茂男の著作は、1959年出版の『アメリカ童話集』(あかね書房)から2006年出版の翻訳絵本『さとうねずみのケーキ』(ジーン・ジオン作、マーガレット・グレアム画、アリス館)に渡っている。
satounezumi.jpg

48年間、翻訳に始まり、翻訳に終わっている。しかし、その間には、翻訳と同じ比重で、創作の子どもの本も書いている。渡辺茂男がユニークなのは、欧米の古典的な作品を翻訳紹介したのみならず、創作も多数書いていることかもしれない。茂男の先輩や同世代の子どもの本の翻訳家では、茂男ほどたくさんの創作をした人はあまりないようだし、逆に、創作で有名な絵本や児童文学作家で、茂男くらい翻訳をたくさん出している人もそういない。
 だからと言って、渡辺茂男が他の子どもの本の作家や翻訳家から抜きん出ていたということは全くない。ただ、彼が創作と翻訳の両刀使いであり、どちらも片手間にやっていたのではないことは特筆すべきことかもしれない。

茂男著作を読むための三つの観点: 「内なる子ども」、「父親としての視点」、「児童図書館員としての経験と知識」

茂男の著作は三つの観点から見ることができると、子どもの本翻訳家として活躍中の福本友美子さんは書いている(詳しくは、『2007年版この絵本が好き:別冊太陽』平凡社、を参照)。福本さんは、茂男の慶応時代の教え子であり、茂男の著作も人間も熟知している方である。

その三つの観点の一つは、「自分の内なる子ども」であると言う。小さくて、ひ弱だった茂男の子ども時代を反映させて書いた『しょうぼうじどうしゃ じぷた』が、ひとつの例である。「ちびっこでも すごく せいのうが いいんだぞ」というこの本の最後の一文は、茂男の自分への励ましかもしれない。茂男は、著作のときは、自分の中に生きている「子ども」が話しかけてくるのを待って文章を書いた、と語っていた。
 二つ目の観点は、「父親の視点」だと言う。茂男は、若き日に読んだエッツの『もりのなか』に描かれている愛情深い父親に深く感銘を受けている。その自分も三人の息子を育て、彼らの成長を間近で見ながらそれを作品の中に描きこんだ。例えば、「くまくん/くまたくん」シリーズがその例である。他にも、父親の視点から書いた作品は数多あるし、父親が活躍する翻訳作品も多数手がけている。
 そして、三つ目の観点は「英米のこどもの本に関する知識と、児童図書館員としての経験」であると言う。茂男は米国留学中、ニューヨークの公共図書館で児童図書館員としての仕事をしたが、この時にアメリカの子どもたちと読んだ数多くの本を日本に紹介した。『どろんこハリー』、『エルマーのぼうけん』、『かもさんおとおり』などである。茂男は図書館の現場を離れても、図書館員としての意識は、持ち続けていたと思う。
 茂男は、絵本をたくさん書いたり、訳したりしたが、その他にも長編の児童文学、各国の民話、昔話、評論や書評や紹介の著書も積極的に手がけた。
 福本さんの挙げたような観点から茂男の著作を振り返ってみることは、その著作の幅が多岐にわたっているだけに意義のあることだ。

「心に緑の種をまく」という観点
kokoroni.tiff

 上記の福本さんが挙げた三つの観点にもうひとつ鳥瞰的な観点を加えるならば、「心に緑の種をまく」という茂男の姿勢があるだろう。これは、『心に緑の種をまく』(新潮文庫)という茂男の同名の本の随所に書かれている内容である。茂男は、戦争から復興して急速な経済発展の中、豊かになっていく日本で、逆に貧しくなっていく子どもたちの心を危惧した。仕事が忙しくて子育てに参加出来ない父親のこと、親子が本を一緒に読む機会が減っている生活のこと、テレビや漫画、コンピュータゲームなどのメディアが読書機会を奪うことなどを心配した。茂男は、「語りつがれてきた昔話や、読みつがれてきた子どもの本のなかには、人間の知恵が豊かにこめられています。それが、おかあさんやおとうさんの声で語られ読まれるとき、子どもの心の発達にどんなにすばらしい刺激になるでしょうか」(同書44ページ)と書き、その国の文化レベルが、大衆メディアと同じレベルに落ちることを恐れた。
 晩年の茂男は、子どもに物語を語り、良書の読書機会を与えることは、すなわち「心に緑の種をまく」ことであると唱え、セミナーなどで語って歩いた。これは、自然資源の枯渇が心配され、読書の大半がデジタルメディアに取って代わられ、持続性のある経済や社会への変革が叫ばれる今日でも、子どもの本に関わる人間にとっては大切な観点であろう。事実、「心に緑の種をまく」というメッセージは、茂男の没後も、茂男の故郷である静岡市、北海道帯広、長野県東筑摩郡麻績村、茂男が暮らした東京多摩などの公共図書館で、読書推進運動や茂男の著作展示の際に、そのままスローガンとして用いられてきた。茂男は、子どもと本を一緒に読んでいくことで、本当に緑の故郷がよみがえると信じていたに違いない。

今後、この項には、渡辺茂男の著作について、順次解説を試みていきたいと思う。
posted by てったくん at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作について